Twitter(ツイッター)高度な検索「次のキーワード全体を含む」の使い方

この記事は約2分で読めます。

ツイッターの高度な検索で、「次のキーワード全体を含む」オプションの使い方です。

いわゆる「完全一致検索」です。

高度な検索、キーワード、次のキーワード全体を含む

高度な検索」が分からない人は、「高度な検索」ウィンドウの出し方をご参照ください。

「高度な検索」画面

Twitter、高度な検索、次のキーワード全体を含む

Twitter、高度な検索、次のキーワード全体を含む

高度な検索」の画面で、「次のキーワード全体を含む」に「鬼滅の刃」と入力してみます。

「検索結果」画面

Twitter、次のキーワード全体を含む、検索結果

Twitter、次のキーワード全体を含む、検索結果

すると、検索結果の画面では、検索窓に「鬼滅の刃」と表示されています。

「次のキーワード全体を含む」を直接入力する方法

普通の検索画面で、キーワードの前後を(ダブルクォーテーション)で囲いましょう。

すると、「高度な検索」の画面を呼び出さなくても、「次のキーワード全体を含む」と同じ効果が得られます。

「次のキーワード全体を含む」の効果

たとえば、「鬼滅の刃」でツイッターを検索した場合、「鬼滅」と「刃」が別々のキーワードとして扱われることがあります。

そんなときは、鬼滅の刃として検索すれば「鬼滅の刃」を1つの塊として検索してくれます。

まとめ

キーワードの前後を(ダブルクォーテーション)で囲むと、囲んだ部分が1つのキーワードになります。

これは、「高度な検索」の画面で、「次のキーワード全体を含む」から検索したときと同じです。

Twitter(ツイッター)活用マニュアル
ツイッターの検索テクニックや、フォロー・フォロワーの管理方法、メールアドレスやパスワードの変更方法などについてまとめました。 ツイッターの動画を保存したり、ツイートのスクリーンショットを取得・加工したりできる便利なツールも紹介していま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました