Twitter(ツイッター)高度な検索「次のキーワードを含まない」の使い方

この記事は約4分で読めます。

ツイッターの高度な検索で、「次のキーワードを含まない」オプションの使い方です。

いわゆる「除外検索」や「マイナス検索」と呼ばれる機能です。

高度な検索、キーワード、次のキーワードを含まない

高度な検索」が分からない人は、「高度な検索」ウィンドウの出し方をご参照ください。

「高度な検索」画面、その1

Twitter、高度な検索、次のキーワードを含まない、その1

Twitter、高度な検索、次のキーワードを含まない、その1

高度な検索」の画面で、「次のキーワードを含まない」に「suica」と入力してみます。

「検索結果」画面、その1

Twitter、次のキーワードを含まない、検索結果、その1

Twitter、次のキーワードを含まない、検索結果、その1

すると、検索結果の画面では、検索窓に「suica」と表示されます。

「次のキーワードを含まない」を直接入力する方法

普通の検索画面で、キーワードの前に(マイナス)を付けましょう。

すると、「高度な検索」の画面を呼び出さなくても、「次のキーワードを含まない」と同じ効果が得られます。

「次のキーワードを含まない」は単独では使えない

Twitter、次のキーワードを含まない、検索結果、その1

Twitter、次のキーワードを含まない、検索結果、その1

「-suica」で検索した場合、検索結果には「問題が発生しました。再読み込みをしてください。」と表示されてしまいます。

次のキーワードを含まない」は、一般的には「除外検索」や「マイナス検索」と呼ばれます。

次のキーワードを含まない」(マイナス検索)の機能を使うときは、「除外するキーワード」単独で指定することは出来ません。
普通のキーワード」と「除外するキーワード」の両方を指定しましょう。

「高度な検索」画面、その2

Twitter、高度な検索、次のキーワードを含まない、その2

Twitter、高度な検索、次のキーワードを含まない、その2

次のキーワードをすべて含む」に「スイカ」、「次のキーワードを含まない」に「suica」と入力しました。

「検索結果」画面、その2

Twitter、次のキーワードを含まない、検索結果、その2

Twitter、次のキーワードを含まない、検索結果、その2

すると、検索結果の画面では、検索窓に「スイカ suica」と表示されています。

高度な検索」の画面を呼び出さずに、検索窓に直接「スイカ suica」とタイプしても効果は同じです。

「次のキーワードを含まない」の効果

「スイカ suica」と検索した場合、
「スイカ」という単語は含むが、「suica」という単語は含まないツイートだけが表示されます。

マイナス検索をするときは、””(ダブルクォーテーション)をつける

””(ダブルクォーテーション)なし

Twitter、マイナス検索、その3

Twitter、マイナス検索、その3

「山形 -ブルーインパルス」で検索した場合、
本来であれば、「ブルーインパルス」という単語を含まないツイートが表示されるはずです。

しかし、「ブルーインパルス」が含まれるツイートばかりが表示され、「除外検索」が機能していません。

””(ダブルクォーテーション)あり

Twitter、マイナス検索、その4

Twitter、マイナス検索、その4

「山形 -ブルーインパルス」で検索した場合、
「山形」は含むが、「ブルーインパルス」は含まないツイートが表示されました。

こちらが本来の意図した検索結果です。

除外検索」を使うときには、除外ワードを(ダブルクォーテーション)で囲み、さらにその前に(マイナス)を付けましょう。

まとめ

キーワードの前に(マイナス)を付けると、「除外検索」「マイナス検索」になります。

これは、「高度な検索」の画面で、「次のキーワードを含まない」から検索したときと同じです。

マイナス検索」機能は単独では使えません。

「キーワードその1 -キーワードその2」のような形で検索することで、
「キーワードその1」を含むが、「キーワードその2」は含まないツイートが表示されます。

「キーワードその1 –キーワードその2」のように、除外ワードの前後を(ダブルクォーテーション)で囲まないと、意図した検索結果にならないことがあります。

Twitter(ツイッター)活用マニュアル
ツイッターの検索テクニックや、フォロー・フォロワーの管理方法、メールアドレスやパスワードの変更方法などについてまとめました。 ツイッターの動画を保存したり、ツイートのスクリーンショットを取得・加工したりできる便利なツールも紹介していま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました